「きたない子育て」はいいことだらけ

奈良県明日香村のヒコナ鍼灸整体院かけせよしえです。

昨年から、もっと本を読もう!
読んだらアウトプットしていこう!と思い、このブログにも「本の紹介」というカテゴリーも作成しています。

でも、まだ投稿記事は1つ・・・。
本は読んでも、なかなかブログに書くまで至らないことがほとんどなのですが、アウトプットすることで自分の理解を深めたいので、コツコツやって行こうと思っています。

ということで、最近読んだ本はこちら。

「きたない子育て」はいいことだらけ! ―丈夫で賢い子どもを育てる腸内細菌教室

子育て~とありますが、内容はお腹の中の微生物のおはなしです。
著書の2人はカナダの微生物や腸内細菌の研究者。

アレルギー、ぜんそく、アトピー、肥満、炎症性腸疾患、うつ、ADHD……

すべて腸内細菌が関係するということで、腸内の環境をよくすることがすすめられていました。

殺菌しすぎることで、腸内細菌の種類が偏り、そのことが、上記のような症状につながる。
なので、表題のきたない子育てとつながるのです。
もちろん、衛生状態を悪くすることを推奨しているわけではなく、過度の除菌殺菌は不要ということでした。

腸内環境をよくするために、プロバイオティクスの摂取をすすめてありました。
サプリメントのようなものもあるのですね。

私的には日本の伝統的な発酵食品、納豆やぬか漬け、麹なんかを積極的にとることでもいいのかなと思いました。
ヨーグルトもいいですが、無糖タイプのものがおすすめです。
人工甘味料はNG。

へーっと思ったのは、GBS(B群溶血性連鎖球菌)のこと。
GBS(B群溶血性連鎖球菌)は膣内の常在菌です。

通常は保有していても問題ないものです。
通常は問題ないのですが、妊娠後期にGBSを保有しているかどうかの検査があります。
お母さんにも悪さをすることはありませんが、分娩時に赤ちゃんに感染すると、時に非常に状態が悪くなることがあります。

そのため検査をして、GBS陽性の場合は分娩前に抗生物質が投与されます。
赤ちゃんの安全のためですし、安全だと言われていますが、できれば避けたくないですか?
抗生物質は腸内バランスを崩すというのは研究で実証されています。

私は2人目の時にGBS陽性だったので、予防措置は受けました。

本によると、このGBS検査で陽性になる可能性を低くするためにもプロバイオティクスが効果的だということでした。
プロバイオティクスの膣坐薬もあるそう。(←勇気いりますよね)

妊娠時知ってたら、膣坐薬はやらないだろうけど、プロバイオティクスは試したかも。

あとは、ストレスをためないことも大切だと書いてありました。
食べるものと心がまえは大切ですね。

まとめてみました。

読み応えのある本ですが、面白いので興味のあるかたはぜひ♪

奈良県高市郡明日香村島庄16-3
マタニティ整体・産前産後整体・小顔矯正(エンドリングフェイシャル)女性のキレイと元気を応援!
【ヒコナ鍼灸整体院】

ご予約は LINE が便利です ↓
友だち追加数

メニューの「友だち追加」で「ID検索」を選択。
@nde4737i と入力して検索すると、友だち追加できます。

ライン登録について詳しくはご予約について

 

 

ご予約フリーダイヤル 0120-543-378
24時間受付メールフォーム
(携帯・PCともに可能)
【定休日】
日祝日・月曜日
(定休日でも営業することもあります。ご相談ください。)

【営業時間】
10:00~17:00

アクセス
 Facebook
Instagram

ヒコナHPトップ

≪奈良県でNO1をいただきました!≫

☆明日香村・橿原市・桜井市・高取町・吉野町・大淀町・下市町・田原本町・宇陀市・奈良市・天理市・御所市・北葛城郡からおこしいただいております。

☆マタニティ整体、小顔矯正、冷え症、むくみ、生理痛、PMS、肩こり、首の痛み、腰痛、頭痛、骨盤の歪み、産後の骨盤矯正 ご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする